決めれない!おすすめカードローンってどこ?自分にベストな会社の選び方

    
     

カードローンのサービスを提供している金融機関が多くあるので、なかなかどのサービスに申し込んだら良いか分からないと思います。

カードローンの選択に迷っていると、その分だけ融資を受けるまでの時間が長くなってしまいます。

とくに、即日融資を希望するなど、急いでいるときは、できるだけ早くカードローンを選ぶことが大切です。

ここでは、銀行カードローンと消費者金融の違いなど、カードローンを選ぶときのポイントを分かりやすく紹介しています。

カードローン選びの参考になると思いますので、是非最後まで読んでみて下さい。

 

銀行カードローンと消費者金融ならどっちがいい?

銀行カードローンと消費者金融の大まかな違いについて解説します。

銀行と消費者金融のサービスの違いが分からなければ、お金を借りた後に「思っていたのと違う!」ということが起きてしまいます。

銀行カードローンと消費者金融の違いは非常に重要になりますので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

 

金利面が魅力の銀行カードローン

銀行カードローンは、概ね消費者金融よりも金利が低くなっています。

カードローンの金利が低ければ、その分だけ金利の負担が少なくなります。

ただし、低金利だからといって返済期間を長くしてしまうと、結局は、多額の利息の支払いをすることになってしまいます。

銀行カードローンの金利の特徴を紹介しますので、まずは、それをしっかりと理解しておくようにしましょう。

 

・上限金利が低めな「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローンは、最高でも年率14.0%の金利が設定されます。

消費者金融の多くが、最高で年率18.0%近くの金利となっていますので、約4%金利が低いことが分かります。

例えば、年率18.0%のカードローンで10万円を30日間借入れした場合は、利息が「10万円×0.180×30÷365=1,479円」かかる計算になります。

これが年率14.0%のみずほ銀行カードローンの場合は、「10万円×0.140×30÷365=1,150円」となり、1ヶ月間で約300円の利息の違いがある事が分かります。

わずか300円と思うかもしれませんが、300円の違いが大きいと思える感覚が大切です。

少しでも負担の少ないカードローンを選び、短期間で返済することで、借金で失敗をしてしまうことを避けられるようになります

 

・最低返済額の低いと利息総額が高くなりやすい!?

カードローンの返済額は、基本的には「約定返済額」というものが決められているだけです。

約定返済額というのは、最低でもこれだけのお金を返済してくださいという金額のことです。

例えば、年率18.0%のカードローンで10万円の借入れ残高があり、約定返済額が4,000円と決められているサービスがあります。

このカードローンを利用して、4,000円ずつしか返済しなければ、返済期間は5年以上にもなってしまいます。

トータルでの返済の合計がお金を借りた金額の倍以上になることもありますので、約定返済額が少ないからといって、それに合わせて返済するのは危険です。

長くても1年以内に返済を終わらせる計画で返済していくようにすると、金利の負担が大きくなりすぎることが無くなります。

返済期間と返済総額の関係は、カードローン会社の公式サイトにある返済シミュレーションで確認できます。

お金を借りる前に必ず返済シミュレーションを使って、返済計画をしっかりと立てるようにしましょう

 

・審査時間は保証会社から推測できる

審査にかかる時間は、銀行カードローンの保証会社がどこかを確認することで推測することができます。

例えば、プロミスやアコムのような大手の消費者金融が保証会社になっている場合は、1時間以内に審査が終わることが多くなります。

大手の消費者金融は、これまでの豊富な融資の実績があるので、短時間で融資の可否について判断が下せます。

ところが、あまり実績の多くない信販会社などが保証会社となっている場合は、融資が決まるまでに一日以上の時間を要する場合もあります。

銀行カードローンによっては、審査の回答が得られるまでに2週間近くの期間を要するものもあるので、急いでいる場合は、審査時間が短いカードローンを選ぶことが重要になります。

 

即日融資も可能な消費者金融カードローン

大手の消費者金融のカードローンは、非常に迅速な審査が行われているので即日融資にも対応できます。

ただし、カードローンの審査を24時間やっているわけではありませんので、早めに申込むことも大切です。

銀行カードローンとの違いを中心に消費者金融の特徴についてご紹介したいと思います。

 

・即日融資でおすすめは「プロミス」か「アコム」

どうしても即日融資が必要になっているなら、プロミスやアコムのような大手の消費者金融を選ぶのがおすすめです。

どちらも審査にかかる時間が最短30分となっていますので、申込みから1時間以内にお金を受け取る事も不可能ではありません

ただし、審査が行われているのは21時くらいまでとなっていますので、遅くとも20時までには申込みを完了させる必要があります

なお、振込キャッシングで即日融資を希望する場合は、平日の14時までに審査が終わる必要があります。

平日の12時~13時くらいを目安にして、できるだけ早めに申込むようにしてください。

なお、土日や祭日に申込む場合は、審査が混雑していることもありますので、審査が1時間近くかかると想定して行動するのがおすすめです。

 

・即日融資は申込み時間がカギ

即日融資が必要な場合は、申込みを完了させる時間が重要になります。

カードローンの申込みでは、必要書類を用意して申込むことになりますので、書類の準備も急ぐ必要があります。

希望している金額が50万円以下の少額の場合は、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)だけで申込みできます

しかし、50万円超の金額を希望するときや他社借入残高がある場合は、収入証明書類を提出するように言われる事があるので、事前に用意しておくと良いでしょう。

これらの準備も含めて、申込みの完了が19時~20時くらいになれば、プロミスやアコムなら即日融資になることが多いと思います。

ただし、信用情報機関に登録されている情報に問題があったり、在籍確認の手続きができなければ、即日融資にならないこともあります

絶対に即日融資なるという保障はありませんので、早めに行動するということを心がけてください。

 

・即日融資を受けられる銀行カードローンなくなった!

即日融資が受けられる銀行カードローンは、存在しないと思ってください。

これまで、最短30分で融資をするという銀行カードローンもありましたが、過剰な貸付けが社会問題となったことをきっかけに、時間をかけて慎重な審査を行うようになっています。

銀行カードローンでの融資は、早くても最短翌営業日までです。

融資を急いでいるときは、消費者金融のカードローンが適していると思います。

ただし、融資を急いでいるからといって、何も考えずにお金を借りるのは危険です。

必ず返済シミュレーションを使って返済計画を考え、確実に返済できることを確認してから申込むようにしてください

 

借りにくい?学生や主婦におすすめなカードローンは?

学生や主婦でもカードローンの利用は、不可能ではありません

ただし、原則としてアルバイトやパートの収入があることが前提となっています。

仕事をしていない専業主婦は、借入れが難しくなっていますので、慎重に申込みをする金融機関を選ぶようにしてください。

なお、無職の方の借入れについては、残念ながらできないと思います。

 

20歳以上で定期的なアルバイト収入がある人

学生がカードローンを利用するためには、20歳以上であることと定期的なアルバイト収入があることが条件となります。

ここで、親からの仕送りが収入になるのかと考える学生もいますが、親からの仕送りは、収入にはなりません。

アルバイト先から受け取るお給料やアフィリエイトなどの広告収入があれば、申し込めるカードローンがあります。

また、同じ学生でも20歳未満の未成年者は、利用できないことがほとんどです。

未成年者は、民法の規定によって後から法律行為の取り消しができるので、金融機関にとって大きなリスクとなるからです。

未成年者が利用できる学生向けの消費者金融もありますが、20歳になるのを待ってから考えるほうが良いでしょう。

 

専業主婦は大手消費者金融からの借り入れもダメ

大手の消費者金融は、法律的には「貸金業者」という位置付けになります。

貸金業者は、貸金業法の規制を守りながらサービスを提供している点に特徴があります。

貸金業法では、過剰な貸付けを防止することを目的にした「総量規制」というものがあります。

総量規制は、年収の3分の1を上回る融資を禁止するものですので、収入が無い専業主婦には融資ができない仕組みとなっています。

専業主婦の方が借入れを希望する場合は、パート勤めを始めたり、旦那さん名義で申し込んでもらうことになります。

ただし、勝手に旦那さんの名前でカードローンに申込むことは、刑法の詐欺罪で取り締まりの対象になってしまうことがあるので、絶対にしないようにしましょう。

 

カードローンのデメリットってある?

カードローンは便利である反面、デメリットもいくつかあるので注意が必要です。

無計画な利用で返済できない借金を抱えてしまうこともあるので、しっかりとデメリットについても確認しておいてください。

カードローンのデメリットが分かれば、どのように利用すると良いかが分かるので、確実に理解しておくようにしましょう。

 

利便性が高いので使い過ぎに注意!

カードローンは、非常に便利なサービスですが、便利すぎるというところに大きなデメリットがあります。

一旦、ローンカードを受け取ってしまえば、限度額の範囲内でなんどでも融資が受けられるのがカードローンです。

洋服やバッグなどが欲しいときに、安易にカードローンで購入してしまうということがあります。

無駄遣いのためにカードローンの利息を支払うのはもったいないですので、やむを得ない場合に限り使うのがおすすめです。

また、カードローンで失敗をしないためには、借入れをした後の返済が終わったら、その時点で解約しておくと安心です

解約後に再び借入れせざるを得なくなったときは、改めてカードローンの申込みをすれば良いだけです。

カードを持っていると使ってしまうという方は、完済の都度、解約をするということを心がけるようにしましょう。

 

金利は目的ローンより高めの設定

カードローンの金利は、自動車ローンや住宅ローン、ブライダルローンなどと比較すると、非常に高い金利が設定されています。

住宅ローンや自動車ローンは、2~3%程度の金利水準ですが、カードローンは年率18.0%になることもあります

そのため、カードローンを上手に使うためには、少ない金額のためだけに利用して、できるだけ短期間で完済をするという使い方を意識してください。

自動車ローンなどのように、2~3年もかけて返済する計画を立ててしまうと、非常に重い金利負担になってしまいます。

カードローンの公式サイトには、必ず返済シミュレーションが用意されています。

返済シミュレーションは、カードローンの会員になる前でも無料で使うことができますので、返済シミュレーションを利用して利息の支払い額や返済期間について確認しておきましょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠との違いは?

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンは、基本的には、同じサービスの内容となっています。

違いがあるとすれば、クレジット機能とキャッシング機能がクレジットカードの場合に1つになっている点です。

例えば、クレジットカードの口座振替が不能となってしまうときは、キャシングも含めて利用停止になることがあります

ところが、カードローンの場合は、クレジットカードとは別会社になっていますので、クレジットカードの返済ができないときでも、しばらくはローンカードを使い続けることができます。

ただし、カードローン会社も定期的に信用情報を確認していますので、クレジットカードの延滞を確認した時に限度額の減額やカードの利用停止になることもあります。

クレジットカードもカードローンも信用が重視されますので、返済できなくなるような使い方は絶対にしないようにしましょう。

 

住宅ローンや他のローンに影響はある?

カードローンに申込みをすると、そのことが信用情報機関に登録されますので、その他のローンの審査に影響があることは事実です。

ただし、カードローンを利用したからといって、他のローンの審査に絶対に通らなくなるわけではありません。

あくまでもカードローンの申込みの事実が確認されるだけですので、あまり神経しになる必要はないと思います。

ただし、カードローンを利用している中で延滞をしてしまうと、他のローンの審査に大きな影響を及ぼしてしまいます。

とくにローンの延滞中に別のローンの申込みをしたときは、ほぼ間違いなく審査に落ちます。

カードローンの申込みよりも、利用中の延滞の方が影響がありますので、無理のない借入れを心がけることが大切です。

お金に余裕がないことを理由に借入れする場合は、収入を増やす努力も合わせて行うようにしましょう。

 

カードローン申込みでチェックすべき項目

カードローンに申込みをするときは、審査の担当者がどんな点を確認しているのかを理解しておく事が大切です。

申込み前に改善できる点は少ないですが、少なくとも、審査に悪影響を及ぼす行動は避けられます。

とくに審査項目でウソの情報を伝えてしまうと、確実に審査に落ちてしまうので気をつけるようにしましょう。

 

カードローン審査で見られているポイント

カードローンの審査では、信用情報機関に登録されている個人の信用情報が重視されています。

また、消費者金融のカードローンでは、別会社の借入状況も厳しくチェックされています。

年収の3分の1までという制限がありますので、既に別会社の残高がある場合は、状況に応じて銀行カードローンの選択も検討することになります。

 

・信用情報の傷

信用情報機関に登録されている情報に問題があると、カードローンの審査に落ちることが多くなります。

とくに、別会社のローンを延滞している場合や過去の債務整理の事実が登録されていると、高い確率でカードローンの審査に落ちてしまいます

日本には、株式会社シーアイシーと全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構の3つの信用情報機関があります。

登録されている情報に問題があると思われるときは、事前に自分の情報を確認してからカードローンに申込むことも可能です。

約1,000円前後の手数料がかかってしまいますが、延滞などの情報が気になる場合は、信用情報の開示請求の手続きをしてから申込みを考えるようにしましょう。

 

・他社の借り入れ状況

消費者金融のカードローンに申込む場合は、他の消費者金融の借入れ残高が審査に大きな影響を及ぼします。

上でも軽く説明しましたが、消費者金融は、年収の3分の1を超える融資をすることを禁止されています。

まれに消費者金融ごとに年収の3分の1までと解釈している人もいますが、全体で3分の1までという計算になります。

年収300万円の人なら、全ての消費者金融からの借入れの上限が100万円までに制限される、というのが総量規制です。

また、銀行のカードローンが総量規制対象外であるからといって、年収の3分の1超の融資を簡単に認めているわけではありません。

あくまでも法律の仕組みで融資ができるというだけで、安易な貸付けは行われていない点に注意するようにしてください。

 

・勤務先と勤続年数

勤務先や勤続年数は、審査に大きな影響を与えていると考えられます。

まず、勤務先が大企業や公務員などの場合は、「簡単には辞めることはない」と判断されて、収入の安定性についての評価が高くなると思われます。

勤続年数についても、長ければ長いほど、今後も同じ会社で働き続けるだろうと考えられます。

カードローンの審査で勤続年数がどのくらいあれば良いかが話題になることがありますが、出来れば1年以上の勤続年数があった方が良いと思われます。

1年未満で借入れできる場合もありますが、高額な限度額にはならないと思っておいた方がいいでしょう。

 

・年収

年収の多さは、返済能力についての評価に大きな影響を与えます。

ただし、年収が多いか少ないかだけではなく、家族構成についても評価の対象となります

例えば、同じ年収300万円の人がカードローンに申込んだとしても、「実家に住んでいて家賃がかからない人」、「一人暮らしをしている」、「結婚をして家族4人で生活している」人では、自由に使えるお金が大きく異なります。

カードローンの審査における返済能力は、あくまでもローンの返済に充てられる金額がいくらか、という点を重視しています。

年収が多くても高額融資が受けられない場合があるというのは、このような事情があるからです。

返済に充てることができる金額は、本人が感覚として分かると思いますので、その範囲内での利用を心がけるようにしてください。

 

在籍確認ってなに?

カードローンの審査では、電話による在籍確認の手続きが行われています。

在籍確認というのは、申込みのときに伝えたお勤め先の情報が間違っていない事を確認するための手続きです。

勤務先の名称や住所はもちろん、電話番号も正確であり、そこに間違いなく在籍していることが分かった時点で手続きが終了します。

在籍確認の手続きに不安を感じる方もいますが、通常は、カードローン会社のオペレーターが個人名で電話をかけています。

電話の目的や金融機関名などを伝えられることはありませんので、在籍確認の手続きに神経質になる必要はありません。

ただし、個人的な目的では、電話の取り次ぎをしないという方針の会社もありますので、在籍確認が困難な場合は、事前にカードローン会社に相談をしておくと良いでしょう。

 

カードローン審査では返済能力が問われる

カードローンの審査では、総合的な返済能力と信用について調査を行っています。

返済能力や信用は、申込みの時点でどうにかなるものではありません。

実際に融資が受けられるかどうかも、審査を受けてみないと分かりませんので、お金が必要なら申し込んでみるしかないというのが正直なところです。

ただし、カードローンの申込みで自分の信用を落とさないように注意することだけはできるはずです。

勤続年数や年収を水増しして伝えたり、他社借入残高を少なく見せかけたりしなければ、評価を落とす心配はありません。

もし、カードローンの審査に落ちてしまったとしても、「返済できない借金をせずに済んだ」と前向きに捉えてください。

後日、別会社のローンに申込むこともできますので、悩む必要はなにもありません。

 

家族や同僚にバレずにカードローンを利用できる?

基本的にカードローンの申込みをしたからといって、家族や同僚に借入れがバレる心配はありません。

ただし、自宅に郵便物が届いたり、ローンの延滞をしてしまうとバレることがあるので注意が必要です。

まず、金融機関からの郵便物については、会員専用サイトにログインして、電子メールで受取るようにすれば解決します。

延滞をすると自宅に請求書が郵送されてしまいますが、無理のある借入をしなければ問題ありません。

万一、カードローンを利用中に延滞をしそうになったら、必ず事前に電話をかけて、返済が遅れそうだということを伝えるようにしてください。

金融機関から何か言われるのを待っていると、どんな手段で連絡してくるか分からないので、自分から連絡を入れるのがポイントです。

PAGE TOP